喜乐彩走势图200期

  • 用語解説

ホーム> お問い合わせ> よくある質問> 意匠> 協議指令に応答する手続書類についてのQ&A

ここから本文です。

協議指令に応答する手続書類についてのQ&A

平成22年5月
特許庁

[問] 同一人が同日に二以上の意匠登録出願をおこなったところ、意匠が類似するとして、意匠法第9條第4項(平成24年3月31日までの出願については、改正前の意匠法第9條第5項、以下同)に基づく協議指令を受けました。この場合、「意匠法第9條第4項に基づく協議の結果屆」を提出せずに、協議の結果を記載した「意見書」や「上申書」を提出した場合、どのように扱われますか?

[答] 意匠法においては、意匠法第9條第4項に基づき出願人の異同にかかわらず、特許庁長官が協議の結果を屆け出るべき旨を命じており、同條第5項(平成24年3月31日までの出願については、改正前の意匠法第9條第6項)に基づき指定期間內に屆出がないときは、特許庁長官は同條第2項の協議が成立しなかったものとみなすことができることになっています。したがって、「意匠法第9條第4項に基づく協議の結果屆」により協議が成立したか否かを判斷していますが、「意匠法第9條第4項に基づく協議の結果屆」が提出されなかった場合においても、「意見書」あるいは「上申書」が提出されたときは、協議が成立したか否かを判斷いたします。

(注)出願手続を書面で行っている方へ

「意匠法第9條第4項に基づく協議の結果屆」は、電子化手數料の納付を必要としませんが、「意見書」は電子化手數料の納付を必要としますので、通常どおり、協議の結果は「意匠法第9條第4項に基づく協議の結果屆」に記載し提出することを、おすすめします。

[更新日 2014年5月23日]

お問い合わせ

特許庁審査第一部意匠課意匠審査基準室

電話:03-3581-1101 內線2910

FAX:03-5570-1588

お問い合わせフォーム

喜乐彩走势图200期 六开奖香港开奖结果 宝宝人工账号计划 必中北京pk10安卓软件 重庆时彩彩稳赚软件 龙虎押注技巧稳赢 挂机模式 310v大赢家即时比分 江苏骰宝是官方的吗 二十一点赢钱概率 gt娱乐官网